債務整理には費用がかかりますが

債務整理にはそれなりの費用がかかるのですが、それでもメリットがあることは確かであり、そうすれば、債務の減額や自己破産であれば、免責をしてもらえます。もちろん、自己破産は本当に最後の手段ですから、その前に交渉するべきです。それが債務整理の中でも、任意整理と呼ばれるものであり、これは要するに個人的に債権者と話し合いをして、決めるのです。これ以上返すのは難しい、或いは減額、金利を少なくして欲しいなどの交渉をするわけです。

相手としても自己破産をされてしまうとどうしても免責になるので、丸々と損をするのである程度は応じてくれるものです。もちろん、それは信用ができるのか、ということによって違ってきます。だからこそ、弁護士に交渉を依頼するのです。それなりにお金がかかってしまうことではありますが、それでもメリットはあります。

債務整理というのは、自己破産も含めて悪いことではないのです。自己破産に至っては、あくまで法律で認められていることですから、そんなに負い目を感じる必要はないのです。あくまでそうした法律行為があるわけであり、それは一回くらいは人生のやり直しを認めよう、という制度なのです。その後、七年は自己破産ができないので、そこは覚悟しておくべきてすし、また、様々な経済行為に制限が入るのですが、それでも借金で苦しいよりはマシです。

多少の費用をかけてもやるメリットはあるのです。費用は弁護士次第ですが、聞けばわかることです。