債務整理にかかる費用の相場は?

債務整理には、弁護士や司法書士に代理交渉を依頼することになります。その際にかかる費用は、一体いくらくらいになるのでしょうか?まず、最初に着手金というものが発生する事務所がほとんどです。さらに、成功報酬、減額報酬、過払い金返金の一部、実費などが必要になります。費用は、債権者1社単位で割り出しているところが多く、複数の金融業者から借り入れている場合、その数に比例して費用も高くなります。

具体的には、1社につき、大体2万円から4万円程度に接してしているところが多いようです。過払い金に関しては、払い戻しがあった場合に、その金額から1割から2割程度を支払うことになります。減額報酬に関しては、借金の返済額を減らした分の約1割程度を支払うという形になります。債務整理の費用は自由に決定できるので、事務所によってかなり幅があります。

着手金がないところもあります。ですから、最初の相談の時点で詳しく説明してもらうことが大事です。その時点で説明があいまいであるなら、ほかの弁護士に依頼するほうがよいかもしれません。それから、弁護士よりも司法書士のほうが安めに設定されています。

金額が低く、複雑ではない債務整理なら、弁護士ではなく司法書士を利用するほうが安くすむでしょう。なお、資産や収入が低い場合は、法テラスに相談すれば、費用を立て替えてもらえるシステムがあります。また、法テラスは、債務整理にかかるコストを一定額に定めているので、利用してみるのもよいでしょう。