相続財産の遺産分割協議書の作成は弁護士へ

相続における手続きで、一番面倒なのが遺産分割協議書の作成ではないでしょうか。遺産分割協議書を作成するためには、遺産がどこに、どの程度あるのか、評価額はいくらなのかを確認しなければいけませんし、相続財産を受け取る権利がある人の調査もしなければいけないので、戸籍をさかのぼらなければいけません。それらを確定させたうえで、相続人全員の同意と署名をしなければいけないので、調整能力も必要になってきます。そんな面倒な遺産分割協議書ですが、多くの銀行は、遺産分割協議書が無ければ預貯金を遺族が引き出すことが出来ないように、規定を定めているところが多いので、どうしても必要になってしまいます。

そんな面倒な遺産分割協議書の作成は、弁護士にお願いするのが一番です。弁護士であれば経験も豊富なので、戸籍から相続人を探すのも慣れていますし、財産の確定も行ってくれます。自分ですべてを行おうとすると、とんでもない手間と時間が掛かってきてしまいますので、なるべくならプロフェッショナルである弁護士に遺産分割協議書の作成を依頼してしまいましょう。相続というのは、多くの場合には自分の直系の肉親が亡くなった瞬間に発生するものなので、メンタル的にも厳しいものがありますし、この上で様々な手続きを自分で行うとなると、大きな負担がかかってきてしまいます。

任せることが出来る部分は、プロに任せて、悲しみを癒すための時間を取ることをおすすめします。