相続税に関係する手続

親しい人がなくなると悲しいものです。気が動転することもあり、何も手が付かないということもあります。しかし、相続の手続は時を待ってくれません。早く手続をしなければ、後々困ることも出てきます。

では、相続が発生したならばどのような手順で物事を進めていったらよいのでしょうか。まず初めに行うべきなのはどれほどの財産を持っているのかを把握することです。そのために様々な書類を調べる必要があります。通帳や残高明細書、固定資産税の納税通知書、様々な権利書などからどれほど相続するものがあるのかを把握する必要があります。

それによって大ざっぱに財産の評価を行なうことができます。次に相続税の申告が必要かどうかを確かめる必要があります。もし遺産が相続税の基礎控除を超えているならば申告が必要です。この計算方法ですが、5000万円+1000万円×法定相続人の数という式で算出することができます。

もしよくわからないのであるならば、税務署か税理士に相談することをおすすめします。もし、負の財産の方が多い場合には相続放棄をするという選択になることでしょう。相続放棄はいつまでに行う必要があるのでしょうか。それは相続が始まった日から3ヶ月後となっています。

それまでの間に行なう必要があります。他にも行なわなければならないことがあります。それは確定申告です。この期限は4ヶ月後です。

もし仮に多額の医療や源泉徴収によって相続税をたくさん納めていることがわかった場合には税金が還付されます。広島で相続のことならこちら