相続税の相続とは何か

相続税に関する法律が変わり相続税を支払わなければならない人が増えました。今までは相続税など関係がないといった人もそうは言っていられないような状況になっています。ですが、そもそも相続とは何でしょうか。その基本から説明いたします。

相続とは誰かが亡くなった時に、その人の配偶者あるいは子供が遺産を引き継ぐことをいいます。誰が相続人となることができるのでしょうか。相続人には順位があります。まず間違いなく相続人になれるのは配偶者です。

そして次に来るのは子供です。子供が死んでいる場合には孫、その孫も死んでいる場合にはひ孫となります。次の相続順位は親になります。親が死んでる場合には祖父母になります。

そして3番目に来るのが兄弟姉妹になります。その兄弟姉妹が死んでいる場合は甥や姪ということになります。相続に関する遺産分割や名義変更には、何かしらの期限があるのでしょうか。そのような期限はありません。

無期限に放置しておくこともできます。しかしながら、相続放棄をする場合には、或いは税金の申告をする場合には期限がありますから、その期限内に手続きを行なわなければなりません。相続の放棄の場合には3ヶ月以内に行なう必要があります。所得税の場合には4ヶ月以内となります。

相続税の申告は10ヶ月以内です。遺産分割はいつまでも行なわなくても構いませんが、しかしながら、相続人が死んだ場合にはその次の相続人も加わることになります。例えば上で説明したように死んだならば孫が相続人として加わることになります。そうなりますと物事が複雑になる可能性がありますので、早めに相続の手続きを済ませた方が良いと言うでしょう。