相続税についての一考察

日本にはたくさんの種類の税金があります。所得税や法人税、固定資産税や消費税など一つ一つ挙げたら切りがないほど、多くの税金があります。そのどれもが日本にとってとても重要な財源となっており、それらの税金がしっかり納められているからこそ公共事業等を行うことができるのです。さらに日本で脱税をすると、とても重い罪に罰せられます。

それほど税金というものに、重きを置いている国であることが分かります。多くの税金の中に、相続税というものがあります。この税金は、ある人が亡くなってその遺産を相続した人に対してかけられる税金のことです。但し全ての人が納めなければならない税金ではなく、ある一定以上の額を相続した人だけが納めなければならないことになっています。

その一定の額が、最近の法改正によって前よりも低くなりました。つまりより多くの人が、相続税を支払う必要が出てきたのです。税金はできれば払いたくないのは当然のことです。喜んで税金を払う人は、殆どいません。

相続税に関しても同じです。そのため生前に贈与する人が、増えているのです。生前に贈与したとしてもある一定額以上の額であれば贈与税がかかりますが、相続税に比べたら低くなる場合があります。そのため税理士等と色々と相談をして、様々な方法を利用して税金対策をしているのです。

このように日本にはたくさんの税金の種類がありますが、その中でも相続税と言うのは少し特異な税金の部類に入ると言えます。