相続税についてはよく考える必要がある

相続税の問題については真剣に考える必要があります。法改正等があり、それを支払う義務のある人が増えました。そして今後もその数が増えることが見込まれています。そのための対策をとることが必要です。

例えば生前に贈与をすれば節税対策になります。また生命保険等に加入して、受取人を相続人にすればこれも節税対策になります。今後ますます増えるであろう相続税に対する対策は、しっかりととる必要があるのです。しかしそういった対策に対して疑念を抱く人もいます。

自分が稼いだお金は自分が決めると考えている人もたくさんいます。その場合には、遺言書に相続財産についてのことを書いておく必要があります。そういったものを書かなければ、民法の規定によって子供達などの法定相続人に相続財産は分配されることになります。もし遺言書で例えば全財産をある機関に寄付するとあれば、全財産がその機関に寄付されることになります。

しかし遺留分の問題があるので、全財産を寄付することはできないかも知れません。しかし少なくても半分は、確実にその機関に寄付されることになります。このように自分の財産をどうするかは、自分で決めることができるのです。その場合にもし子供達のために財産を少しでも多く残したいと思っているのならば、相続税についてのことを考える必要があります。

どのようにしたら相続税を少なくすることができるのか、それをよく考える必要があります。専門家である税理士等と相談をするのも良いと思います。