相続問題の解決を弁護士に依頼する際の費用は

相続は親族間でのトラブルを招くことがしばしばありますが、このようなトラブルを解決するためには、弁護士に交渉を依頼するのが最適な方法です。ただし弁護士に依頼した場合は、当然ながら費用が発生します。一般の人は少しわかりづらい弁護士費用。相続問題に関しては、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。

弁護士に依頼した場合、支払う費用は着手金と報酬からなります。着手金は依頼した案件が成功するか否かに関わらず発生するもので、報酬はいわば成功報酬です。またこれとは他に、相談しただけでも料金を支払わなければいけません。もっとも現在は、料金に関しては各法律事務所で自由に設定することができますので、初回の相談料を無料としているところもあるほか、着手金や報酬に関しても、法律事務所によって大きく差があることもあります。

料金については上記に記したとおり自由設定になっていますが、旧来は報酬規定が定められており、その規定で定められた金額を費用の目安にすることはできます。旧報酬規定では、報酬は対象となる相続分の時価相当額、争いが無いケースについては時価相当額の3分の1を依頼者の経済的利益とし、その経済的利益にもとづいて報酬が決められることになっています。経済的利益が300万円以下なら着手金はその8%、報酬は16%、300万円を超えて3000万円以下なら着手金は5%、報酬は10%といった具合です。この規定から導き出される金額を、弁護士に依頼する際の参考にしてみてもいいでしょう。

広島で相続のことならこちら