遺産相続問題について弁護士に相談した時の流れ

遺産相続を行うときには、被相続人の間で遺産を分割する必要があります。遺産分割の際に優先される方法は、遺言書に内容が記載されているときは、その内容に沿って分割することになります。遺産相続について弁護士に相談したときには、まずは相続人の調査から開始します。財産の調査を行って、どのような財産を保有しているのか確認します。

遺言書の有無について確認を行って、遺言書があるときには記載されている内容のとおりに、無い場合には遺産分割協議を行うことになります。遺産分割協議によって分割を行う内容が決定したときには、遺産分割協議書の作成を行います。協議が不成立になってしまったときには、家庭裁判所において調停の手続きを行います。調停に関しても不成立になったときには、審判による遺産分割を検討することになります。

遺産相続の問題に関しては、現金や土地、建物などの不動産などが密接に関係してくる問題になりますので、家族同士の協議で解決できない場合があり、法律のプロである弁護士に仲裁に入ってもらうことが良い方法と言えます。専門家である弁護士が間に入ることによって、スムーズに手続きを進めやすくなると言えます。遺産分割における協議の問題に初めから関与したくない人の場合でも、弁護士に相談することによって、放棄の手続きを依頼することが可能です。法律で定められている権利として、遺留分を侵害されているときには、遺留分減殺請求の手続きを行うこともできます。