外国籍の人の相続は弁護士が手続きをすること

日本国内で相続をする事案が発生した場合には、何も日本人だけがその相続に関わるわけではありません。中には、外国籍を持った外国人が相続に関わることもあります。この場合は、弁護士を通して手続きをしないとかなり複雑な手続きになってしまうため、前もって相談をすることが賢明です。日本国内で外国籍を持っている人が亡くなった場合には、二つのタイプに分けて考えなくてはいけません。

一つは、本国法に日本の法律に準じて財産の継承が行われることが明記されている場合です。外国籍を持っている人が、その国の法律で亡くなった時には相手国の法律に従って手続きを行う旨が記載されているときには、日本の民法を利用して手続きが出来るため、それほど難しい手続きは必要なくなります。しかし、もう一つのタイプである財産の継承を本国法に従って行う旨の規定がある場合には、非常に複雑な手続きが必要になります。まず、その外国人の本国法の詳しい内容を調べなくてはいけません。

必要ならば、大使館などから証明書を貰って登記の証明なども行わなくてはいけないため、弁護士のような専門の法律家でないと全く対応ができないのです。外国人の相続の場合は、相手の国の法律がどのように規定しているのかによって対応が異なるため、安易なことはせずに弁護士に依頼をしてどのような対処を取れば良いのかを確認する必要があります。その上で、家族だけで問題を解決できないのならば、弁護士に問題を解決してもらうようにすれば良いのです。