交通事故の示談交渉を弁護士に依頼するメリットとは

交通事故の被害者になった場合、示談交渉は弁護士に依頼した方がよいと言われるのは何故でしょうか。まず、保険会社との交渉を任せられるので、煩わしさから解放されます。多くの場合、交通事故に遭うのは初めてで、よく分からないため、自分に不利になっているのではないかと不安になりがちです。やり取りする時間を十分取れないような多忙な人や、保険会社との交渉をストレスに感じる人も、弁護士に一任することで安心できます。

次に、専門家に依頼することで賠償額を増額できる可能性が高くなることです。保険金の基準には、自賠責保険の基準、任意保険会社の基準、裁判所の基準の3種類あり、保険会社は裁判所基準よりかなり低く設定されています。弁護士は、裁判所の基準で交渉するため、賠償額を大幅に増額できることが多く、中には2倍以上になるケースもあります。また、刑事記録を取り寄せて分析することができるので、法的な主張を強く行って相手方と交渉できます。

相手方の法的主張に対しても、被害者が自分で主張しにくいことも、法律の専門家として対抗できます。このように、交通事故の被害に遭った場合に弁護士を依頼するメリットはありますが、注意する点もあります。まず、交通事故の示談交渉の実績豊富な交通事故専門の弁護士に依頼することです。次に費用ですが、通常は着手金、報酬金、実費を支払います。

報酬金は、増額分に対して規定の割合を支払うケースがほとんどですが、獲得額に対する割合が示されている場合には支払額が多くなりますので注意してください。広島の離婚相談の弁護士のことならこちら