交通事故相談を弁護士にする

弁護士というと難しい裁判をする仕事のような気がしていますが、じつは交通事故などで保険会社から賠償金や慰謝料を支払われtるときに、金額に対して納得がいかないなどのときに、弁護士に依頼することで解決に力を貸してくれるのです。自分に非がなくても交通事故に遭ってしまうということはあります。怪我を負って通院をしたり、入院をするなどをすることがありますが、いくら症状が治らないからといって、一生治療を続けることはできません。ある期間をすぎると、医師によって後遺症が残ったという診断が下ることがあります。

その診断書にもとづいて後遺症の等級が決められます。その等級にしたがって賠償金や慰謝料が加害者側の保険会社から支払われるのですが、海外に比べて日本はそれがとても安いことが多いです。自分一人で保険会社と交渉をしていると、勢いにまけて納得してしまう傾向がありますが、あまりにも賠償金などの金額が安くて納得がいかないときには、交通事故に詳しい弁護士にお願いするというのです。弁護士は交通事故の概要やけがの状況などを1つ1つ検証していって、加害者側の保険会社との交渉をしっかりとしてくれます。

その結果個人で交渉していたよりも金額的にも満足できる金額の解決になることが多いです。保険会社からの電話というのは被害者側にとって、プレッシャーになることもあるので、弁護士にすべてお任せしたほうが治療に専念できてよいというメリットもあります。