交通事故にかかわる弁護士相談について

交通事故に遭ってしまい、困ったことが発生した場合に相談するところとして、弁護士相談というものがあります。交通事故による示談金を受け取る場合、保険会社から支払われるであろう提示金額は、法律で制定されている賠償金の最高金額ほどではありません。これを弁護士に相談して交渉してもらうことにより、その損害に対する賠償金額が提示されるものより増える可能性があります。弁護士事務所では、これらの無料相談を行っているところが多くあります。

また日弁連交通事故相談センターでは、無料面接相談として、損害の種類や損害額算定の具体的方法、過失はないのに過失があるとされるなどの損害を賠償する義務の有無、事故当事者の過失割合、勤務中の事故、車の貸し借り中の事故、駐車車両の責任、盗難車の事故などにおける賠償責任者の認定や、損害の請求方法、ひき逃げや無保険車による事故、示談の方法などの相談ができます。事故が発生したらまず治療をし、治療を続けていてもこれ以上よくならないような状態の症状固定になると、損害が確定し慰謝料等の金額が算定できるようになります。この症状固定となる前に、示談などをしてはいけません。保険会社が症状固定として治療費の支払を打ち切ったとしても、医師がなお治療の効果を認める場合は、治療の継続を検討し、立て替えた治療費を、後に弁護士を通して加害者に請求するようにします。

また後遺障害慰謝料は、裁判所において、認定された等級にもとづいて後遺障害に関する損害が算定されるので、適正な認定がうけられるよう弁護士に相談することをお勧めします。