交通事故をおこしたら慰謝料は保険会社に任せる

注意しているつもりでも、疲れていたり、体調が悪かったりすると起こしてしまうのが交通事故です。事故を起こした瞬間はパニックになり、何をどうしたらよいのか慌ててしまいます。あまりの驚きで謝罪することも忘れてしまうほど。相手が慣れている場合、慰謝料請求で不利な条件に持ち込まれてしまうことがあります。

そのような状況で、ときどき「示談で済まそう」と持ちかけてくる人もいますが、どんなに軽い事故であっても、交通事故を起こしたら、まず警察に連絡しましょう。警察が呼ばれると、事故の状況など現場での詳しい聞き取りがあり、その後、警察署に行って書類などに署名します。警察での手続きはそこまでで、もっとも長引くのが相手にけがをさせてしまった場合の慰謝料の清算です。目に見える外傷であれば、完治は明確ですが、むち打ちなどの症状は、どこ程度まで、どれくらいの期間負担すべきなのか、はっきりとわかりません。

病院にかかる費用や薬代に加え、交通費も支払う必要があり、またその間に就労制限があれば、生活費の負担もあり得ます。中には、最初から仮払いを拒み、事故を起こしてしまった本人を病院へ同行するよう求める場合もあります。毎回の同行では、交通事故を起こしてしまった人の就労にも影響が出ます。確かに交通事故を起こした方が悪いのですが、過剰な負担は双方の関係を悪化させることとなるでしょう。

慰謝料の金額や支払期間だけでなく、病院での支払い方法まで、すべてを保険会社に依頼するほうが、余計な争いを招かずに済むでしょう。