交通事故でのむち打ちの慰謝料

交通事故にあってしまったとき、よく起こるのが「むち打ち」の症状です。事故直後に外傷がない場合、病院に通う必要はないと考えて、物損で処理してしまう方が見られます。しかし、外傷がなくても時間が経ってから、むち打ちの症状が出てくることがありますので、人身事故とすることをおすすめします。人身事故とすることで、相手側の保険会社から、通院などの費用負担の手続きをしてもらうことができます。

少しでも調子がおかしいと感じたら、時間を置かずに検査を受けておくことで、事故との因果関係を示すことができます。むち打ちの症状が出た場合には、長い目で治療を行う必要があります。骨折などの外傷と比較すると、目に見える治療効果は現れにくいのですが、気長に治療することで、状態が改善することが多いものです。交通事故から半年程度経過すると、任意保険会社から慰謝料を提案されるケースが多くなります。

保険会社から慰謝料の提案があった時点で症状が治まっていない場合には、治療期間を延長してもらうか、後遺障害の認定をすることが望まれます。後遺障害が認定されると、通常の慰謝料にプラスして支給されますので、示談後に症状が出た場合の医療費に充てることもできます。症状に不安がある場合には、先々に症状がつらくなった場合に備えて、適切な方法を選ぶことが望まれます。交通事故の対応に納得できない場合には、弁護士などの専門家に相談するのも心強いものです。