日本語教師養成講座でスキルを磨こう - 日本語教師を目指すなら養成講座を受けよう!

日本語教師養成講座でスキルを磨こう

日本語教師は、母国語が日本語ではない外国人に、日本語を教えることが主な仕事の内容になります。
国内にある日本語学校や家庭教師、または海外の大学や日本語学校などで教えている人など、活躍の場はさまざまです。

日本語教師に求められるのは、日本語にたいする高い知識だけでなく、日本の伝統や文化、歴史などを伝えることのできる能力、そしてもちろんコミュニケーション能力も必要です。

また、難しい日本語をできるだけ分かりやすく教えることのできる指導力、さまざまな国籍、年齢、文化をもつ生徒たちを受け入れることのできる懐の深さや柔軟性なども必要です。

日本語教師の養成の基礎知識をご説明をしたいと思います。

日本語教師になるための必須の資格というものは現在ありません。
ただし、日本語を正しく正確に教えるにはそれ相応のスキルが必要なため、養成学校などで、必要最低限スキルを磨いておく必要があります。



日本語学校の多くでも、求人の採用条件として、「日本語教育能力検定試験を受けて合格すること」または「日本語教師養成講座を420時間以上受けて修了すること」が採用条件として、挙げているところが多いようです。

日本語を教えるのに特別な資格はいりませんが、だからといって日本語さえ喋ることができれば、誰でもなれるという簡単なものでもありません。



日本語教師養成学校などで、しっかりと日本語の知識と教え方を学ぶことが必要になります。

また晴れて日本語の教師になれても、つねに勉強をし続けていくぐらいの向上心が大切になります。