弁護士に相続財産の分配を

相続と言うのは、とにかく揉めることがありますから、事前に弁護士に相談しておくとよいです。そして、分割について、よく話し合っておくとよいですが、それでも最悪なときには裁判になります。要するに骨肉の争いなわけですが、それを少しでも防ぐにはやはり弁護士です。財産がしっかりと分けられるのであれば、少し可能性が減るのですが、すべてが現金であるわけがなく、その分配で揉めるわけです。

弁護士にそれなりのお金を支払うことになりますが、それでもとにかく家内の争いを未然に押さえ込めるならば、かなりメリットはあります。相続をさせることに関して、未だに古い考えを持っている人はいます。つまりは、長男が貰うべきである、という考えであり、すべてそうしたと思っている人が一定数います。しかし、それは法律的に認められていることではありませんから、諦めたほうが良いです。

或いはしっかりと平等に分配しようとしても長男あたりが異議を唱えることも意外とよくあるのです。そうしたことに関して、掣肘できるのが、弁護士であるわけですから、可能性があるならば、とにかく依頼しておくとよいです。遺言書通りの相続ができるように手続きを依頼するのです。自分が相続する側であれば、特に気にするようなことでもないのですが、あくまで自分が残す側であれば、配慮しておくべきです。

それが残す側の責務であるといえますから、費用をあまり惜しまないほうがよいのです。