交通事故の場合は弁護士に依頼しよう

自損事故ではなく、相手がいる交通事故が起きた場合は、適切な初期対応が必要です。交通事故の場合、むち打ちのように、後から症状が出てくることがありますので、事故直後は身体に何も異常がない場合にも気をつける必要があります。事故が起きた場合は、道路交通法の措置義務として、警察へ報告することが決められています。また、警察に連絡することで、損害賠償請求時に必要になる事故証明書や実況見分調書を入手することができます。

警察は刑事上の問題は処理してくれますが、民事上の問題は管轄外です。民事上の問題を解決するために、相手の免許証を提示してもらい、住所や氏名、勤務先、車のナンバーや加入している保険会社と保険証明書番号を書きとめましょう。相手の連絡先と警察が発行する書類が揃ったら、ここからは弁護士に依頼するのがいいでしょう。事故でけがをしていれば、治療費が必要になりますが、治療にかかった治療費は保険で請求することができます。

しかし保険金が下りるのは治療後ですから、まずは立替えることになります。立替えた治療費を請求するには面倒な手続きが必要になりますので、治療を受ける前に弁護士に依頼して、弁護士から請求してもらうのがいいでしょう。そして示談交渉に入りますが、ここでも弁護士がいるのといないのでは、交渉で得られる賠償金の額がかなり違うのが現状です。示談交渉が決裂した場合には、裁判所での話し合いになり、さらには裁判で争うことにもなります。

交通事故の場合には、専門用語も多く、法律の素人ではわからないことが多いですから、早めに弁護士に任せるのがいいでしょう。広島で相続のことならこちら