交通事故にあったら弁護士に相談

交通事故にあった場合、どんな人でも混乱するものです。まずは落ち着いて行動することが大切ですが、加害者との示談がこじれて、裁判までもつれ込んだりする場合もあります。そんなときには弁護士に依頼することも視野にいれなければいけません。交通事故にあって被害者になった場合、依頼するのは早い方がいいと言われています。

法的に十分知識がある人などは、自分で問題解決できるかもしれませんが、加害者側の保険会社との交渉を自ら行うのは、なかなか難しいのが現状です。交通事故の場合、保険会社の交渉専門担当者は、自社の支払いを少しでも少なくするようにするのが仕事です。示談交渉のプロに対抗するには、相当な法的知識が必要になります。対等に対抗するにはやはり早い時期に弁護士を雇った方が問題が早く解決します。

理想をいえば示談交渉で保険会社の交渉人が登場した時点で、弁護士を探した方がよいですが、なかなか現実的には無理な話です。もし示談交渉が進み不利な条件での示談の合意をせざるをえない状況に追い詰められたときに、弁護士が必要になってきます。示談交渉とは、どんなに保険会社の交渉人に言い負かされたとしても、同意書にサインさえしなければ示談は成立したことにはなりません。その場合次なる手段として、通常調停や裁判に持ち込みます。

多くの人はこのタイミングで雇うことが多いでしょう。雇うタイミングは個人の自由なので、最後まで個人で戦うのも問題ありませんが、不本意な結果で終わらせないためにも、弁護士に依頼することをおすすめします。